きしゃぽっぽのブログ

葛飾区のコミュニティFM・かつしかFM(78.9MHz)で、毎週火曜日・22:00~23:00に 放送中の鉄道番組「きしゃぽっぽ」に連動するつもりのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第538回放送(きしゃぽっぽ538号)

2007-09-02-Sun-18:45
★担当乗務員:あきもと運転士 みの車掌

★特集:「東急大井町線」


田園都市線から大井町線への直通急行

今回は、開業80周年記念イベントが開催される一方、来年度の急行運転開始に対応するための改良工事が進行して日々姿を変えていく東急大井町線についてお話しました。

☆開業80周年イベント
 80周年記念ヘッドマークをつけた9000系(写真右)

 1927年7月に大岡山~大井町間が開業してから80年、来年には池上線と東横線が開業80周年を迎えるにあたり、列車にヘッドマークを掲出し、沿線では様々なイベントが開催されています。
 ※イベントの詳細はこちら。
 〇東横線・池上線・大井町線80周年トップページ
 〇池上線・大井町線の歩み
 〇池上線・大井町線開業80周年の主なイベント
 〇スタンプラリーに参加しよう


☆大井町線の車両
 
 8000系(左)と8500系
 20mの5両編成で、8090系が主力で一部8000系・8500系があり、9000系も1編成だけありましたが、8500系の全編成と8090系の一部は田園都市線直通急行の運転に伴い、誤乗防止のため帯色を変更しています。
 最近では東横線への5050系投入で余剰となった8590系や9000系が転入してきています。
 8000系は現在大井町線運用に入っているのは、トップナンバーの8001Fの1本だけとなってしまいました。


☆急行運転
 

 大井町線の急行運転による利便性向上により、田園都市線渋谷口への流動を分散化させて混雑を緩和させることを目的としたプロジェクトが進行しています。
 急行は6両編成(現行の普通は5両)となり二子玉川・自由が丘・大岡山・旗の台・大井町にのみ停車する計画で、主に下記の工事が計画・進行しています。
 →大井町線改良・田園都市線複々線化プロジェクト進行中
  (東急公式)

 ★大井町駅(改良済)
 りんかい線建設工事と絡めて施工。
 旧降車専用ホームを解体。2番線を旧降車ホーム側に移築し、ホーム改札側を拡幅するとともに、二子玉川方を延伸して6両対応化。
 
 拡幅された大井町駅2番線に停車中の8000系
 
 ★旗の台駅(工事中)
 大井町線ホームを2面2線から2面4線化し、6両対応化。
 急行と各駅停車の待ち合わせを可能に。
 
 2面2線時代の旗の台駅
 
 大井町方
 
 二子玉川方(大井町行電車車内より撮影)

 ★等々力駅(計画中)
  等々力駅地下化問題については別項にて。

 ★上野毛駅(工事中)
 等々力駅の改良工事完成まで暫定的にこの駅で上り急行の追い抜きをすることになり、通過線の新設と駅改良工事が行われています。
 →上野毛駅改良工事(東急公式)
 
 仮設ホームとなった上野毛駅
 右側の線路が工事完成後は上り通過線になります。

 ★二子玉川駅(完成済)
 田園都市線と大井町線の発着ホームを入れ替え、大井町線を内側に。
 
 ★二子玉川~溝の口間(工事中)
 田園都市線を複々線化。大井町線は内側線を走行して溝の口まで直通運転の予定。
 
 二子玉川駅ホーム端から二子新地駅方を撮影
 内側線も既に奥に見える二子新地駅側まで線路が伸びています。
 11月11日には高津駅も下り線が移設されました。


 ※各駅停車のみ停車する駅はホーム延伸等の工事は行われず、扉非扱をしている戸越公園・九品仏両駅はしばらく「この車両のドアは開きません」という光景が見られそうです。
 
大井町側2両のドアが開かない戸越公園駅


☆等々力駅地下化問題
  

 大井町線急行運転に際し、当初は退避駅を旗の台の他、下りは尾山台、上りは等々力に設定する計画となっていましたが、駅舎の地下化に伴うデメリットを懸念した地元民が反対し、等々力駅を地下化し、1面4線化して上下線とも等々力駅で退避出来るように計画が変更されました。
 しかし、等々力駅周辺には23区内で唯一の渓谷・等々力渓谷があり、地下化工事によって渓谷を流れる谷沢川や地下水脈に影響を及ぼすという不安から、地下化反対運動が発生しました。

 世田谷区は住民から寄せられた周辺環境へ不安の声を受け、第三者的な立場から指導・助言する機関の設置を東急電鉄に指導し、これを受け2004年1月に「等々力駅地下化工事技術検討委員会」が設置されました。
 5回にわたる検討委員会の会議および現地調査を経て2005年12月に「等々力駅地下化工事の地下水・地盤環境における技術的検討 報告書」が世田谷区および東京急行電鉄に提出されました。
 要旨は下記の通り。
 〇工事仕様の変更により、等々力渓谷の湧水量は殆ど変化しない
 〇地下化工事による地下水位低下に伴う地盤沈下は殆ど発生しない
 〇地下水流動保全工(環境配慮工)の提案

 この報告を受け、東急側でも見解を説明する冊子を2006年1月に等々力駅周辺住民に配布しました。

 等々力駅地下化関連資料はこちら
 ★等々力駅地下化工事技術検討委員会
   委員会設立趣意
   地下化工事の地下水・地盤環境における技術的総括
   地下化工事の地下水・地盤環境における技術的検討 報告書(概要版)
 ★世田谷区
   大井町線沿線の街づくり(1)(2)
 ★東京急行電鉄
   等々力駅地下化工事について(1)(2)(3)
   等々力駅地下化工事技術検討委員会の検討内容



★きしゃぽっぽニュース
・8/27■ JR西日本 大阪外環状線の路線名を「おおさか東線」に決定
・8/27■ JR西日本 特急に女性専用席を導入
・8/27■ JR北海道 ICカード乗車券kitacaが半年早く2008年秋に登場
・8/29■ JR東海 高山線角川~猪谷間の試運転を開始
・8/29■ 西武鉄道 定期券発売機を拡充
・8/29■ JR東日本大宮支社 11月10日に「とき25号」を運転
(以上、交通新聞より)

・8月27日付 東京新聞茨城版
 改札シャッター開けず 当直駅員が朝食買いに 関鉄常総線小絹駅
・8月29日付 東京新聞群馬版
 わたらせ鉄道 運輸収入計画下回る 再生協議会で示す
・8月30日付 東京新聞茨城版
 「9月中に結論」 湊線存続 三セク化が有力
・8月30日付 東京新聞群馬版
 「開かずの踏切」やっと解消 着手から約20年 354号線立体化
・8月31日付 東京新聞東京版
 西武鉄道を身近に「ぬり絵」電車運行 あすから池袋、新宿線
・8月31日付 東京新聞千葉版(JR東日本)
 外房線がイノシシ?と衝突
・8月28日付 埼玉新聞
 鉄道博物館で見学会 開館前に児童ら招待
・8月30日付 埼玉新聞
 操車場 後世に伝えたい 新都心に記念碑建立 住民や企業ら寄付200件

各種リリース・関連URL
☆JR東日本
 信越本線 柿崎駅~柏崎駅間運転再開のお知らせ
 とき25号(上越新幹線大宮開業25周年記念列車)運転時刻
☆JR北海道
 ICカード導入開始時期の変更およびカード名称の決定について
☆JR西日本
 大阪外環状線(仮称)の路線名・駅名などについて
 女性専用席の導入
 イベント列車さよなら運転について
 (さよなら「旅路」・さよなら「ふれあいパル」)
☆西武鉄道
 「自動定期券発売機」を新たに28駅に設置
 こどもたちそれぞれの“想い”をのせてヘッドマーク付きぬり絵号が走ります!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。