きしゃぽっぽのブログ

葛飾区のコミュニティFM・かつしかFM(78.9MHz)で、毎週火曜日・22:00~23:00に 放送中の鉄道番組「きしゃぽっぽ」に連動するつもりのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PASMO(パスモ)の種類と利用方法

2007-02-18-Sun-21:00
いよいよ3月18日から運用が開始される「PASMO」。

「PASMO」とは、首都圏の多くの鉄道・バスでご利用になれるICカード式乗車券です。

ここでは、PASMOの種類と利用方法についてまとめておきます。


 各鉄道事業者のPASMO販売駅は下記をご参照下さい。
PASMO定期券発売駅
記名PASMO・無記名PASMO発売駅
 
 
☆PASMOの種類

  1.無記名PASMO
    ・どなたでも利用できるPASMOです。
    ・大人用のみで小児用はありません。
    ・紛失した場合の再発行はできません。
    ・記名式PASMOやPASMO定期券への変更ができます。
    ・PASMOオートチャージサービスの追加はできません。

  2.記名式PASMO
    ・券面に記名された方が利用できるPASMOです。
    ・購入時に氏名・性別・生年月日・電話番号を登録します。
    ・大人用と小児用があります。
     (小児用は12歳の3月31日までご利用になれます)
    ・紛失した場合、再発行ができます。
     (再発行手数料500円+デポジット500円がかかります)
    ・PASMO定期券への変更ができます。
    ・無記名PASMOへの変更・オートチャージサービスの追加はできません。

  3.PASMO定期券
    ・定期券として利用できるPASMOです。
    ・1枚のPASMOに鉄道とバスそれぞれ1種類ずつ登録ができます。
   ※PASMOバス定期券は一部の事業者のみ発行。券面には印字されません。
     「IC定期券内容控」をお渡しします。
    ・定期券区間外に乗車した場合も自動精算されます。
     (PASMOによる運賃計算についてはこちらをご覧下さい)
    ・大人用と小児用があります。
    ・紛失した場合、再発行ができます。
     (再発行手数料500円+デポジット500円がかかります)
    ・記名式PASMOへの変更ができます。
    ・無記名PASMOへの変更・オートチャージサービスの追加はできません。
    ・現在お持ちの磁気式定期券からPASMO定期券への変更ができます。
    ※2枚のPASMO定期券の併用はできません。

  4.オートチャージ機能付PASMO
    ・PASMOの残額が2,000円以下になった場合に、駅の自動改札で自動的に
     3,000円チャージされるPASMOです。
     (首都圏のSuicaエリアで利用した場合もオートチャージができます)
    ・「パスタウンカード」またはPASMOオートチャージ対応クレジットカード会社
     への申込が必要です。
     (PASMOオートチャージとクレジットカードについては別項をご参照下さい)



☆PASMOの利用方法

  1.PASMOの購入とチャージ(入金)
    鉄道駅のPASMO対応券売機、定期券発売所、バス営業所で購入可能です。


    チャージは下記の方法が選べます。
    ・鉄道駅の券売機
     1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円の中から
     希望の金額を選択してチャージします。
    ※一部の鉄道では簡易チャージ機を設置しています
 

    ・バス車内
     1,000円以上、1,000円単位でチャージが出来ます。
     バス乗務員に希望額をお知らせしてチャージします。
     ※いずれの場合もPASMOの残額が20,000円を超えることは出来ません。
      残額が10,001円以上ある場合はバス・都電の車内でチャージできま
      せん。

  2.鉄道でのPASMO利用方法
     入場時および出場時に、自動改札機(または簡易改札機)のIC読み取り部に
     PASMOをタッチさせます。
     ※下記の場合はご利用になれません
      ・他の乗車券・パスネットカードやICカードを併用する場合
      ・定期券以外の利用時にPASMO残額が初乗り運賃を下回る場合
       →券売機等でチャージしてからご利用下さい
       (1円単位の残額は運賃として使用できません)
      ・最終利用日から6ヶ月以上利用のない記名式PASMOやPASMO定期券
       →駅係員に申し出て下さい。
      ・入場または出場時に改札機等でPASMOの読み取りをしなかった場合
       →駅係員に申し出て下さい。
     ※東急世田谷線でPASMOを利用する場合
      入口または運賃箱のPASMO用読み取り部にPASMOをタッチして下さい。
      (PASMO用読み取り部はせたまる用読み取り部とは別にあります)
      なお、世田谷線では下記のサービスはご利用になれません。
      ・PASMOの発売・再発行(PASMO定期券も含む)
      ・PASMOへのチャージ(オートチャージも含む)
      ・PASMO利用履歴の確認
      世田谷線でSuicaを利用する場合も上記と同じ取扱となります。
       また、せたまるは世田谷線以外ではご利用になれません

  3.バス・都電でのPASMO利用方法
     ・運賃前払い方式
      乗車時に運賃箱のIC読み取り部にPASMOをタッチします
      降車時はPASMOのタッチは不要です。
     ・運賃後払い方式(後乗り前降り)
      乗車時に入口横にあるIC読み取り機にタッチします
      降車時は運賃箱のIC読み取り部にタッチしてください。

  4.PASMO電子マネー
     PASMOにチャージされた金額で、駅構内のお店などでお買い物ができます。
     また、Suica電子マネーが利用可能なお店でもご利用になれます。
     PASMOでのSuicaグリーン券の購入も可能です。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。